ヤマユウファンド

日本株をただ持ち続ける ~出口戦略なき超長期投資の末路~

新報国製鉄(5542)の急騰と今後 

 私の中で一番の出遅れ銘柄が先週一時的に謎の急騰をしました。

 

f:id:yyf3470:20210117062002p:plain

新報国製鉄(5542)

 独自の低熱膨張合金を,半導体製造装置向けに提供する会社

 宇宙,航空産業等新分野への進出も模索

 

 上の図はわざと2年チャートにしましたので,わかりにくいでしょうが,

14日にストップ高の+150円の1059円を付け,出来高も急増しました。全

体的に半導体関連銘柄が買われていたとはいえ,本決算発表前の特段材料

のない中,よくわからない急騰でした。翌日は△79円としっかり下げてき

ました(笑)。

 

 昨年もこの時期,急騰し,一時は1500円台を付ける場面もありましたの

で,こうした相場の再現もと思ったのですが。ちなみにこの時は,アメリ

カとイランの開戦が危惧されていたことが要因と言われています。戦時,

原油高の折には上昇する銘柄のようです。

 

 絶賛含み損継続中の身としては,とにかく1500円を超える程度に回復

してくれればいうことはない(戦争は困りますが)のですが,本業の方

が上向くには時間がかかりそうですからね。

 

 さて,この会社意外なところにも顔を出しているようで,これも今回急

騰の要因とみている人もいるようです(少し古い話題ですが)。

 

”空飛ぶクルマ”の開発を行う「CARTIVATOR」とのスポンサー契約締結について | 新報国製鉄株式会社 SHINHOKOKU STEEL CO.,LTD

 

 

 道路や滑走路を必要とせず垂直離着陸型で飛ぶクルマ"SkyDrive"の機体開

発が行われているようですが,この会社も機体の軽量化に貢献するため,

素材の開発に一役買うということでしょうか。

 

 ただ,空飛ぶ車については,実現すれば素晴らしいことなのかも知れませ

んし,一定の役割を持つものかも知れません。でも,これは一般に普及する

とも思えないところです。

 

 車というものは地上を走るものであって,こんなものがそこかしこで飛び

交うような所の下を私は歩きたいとは思いません。やはり宙に浮くというこ

とは一定のリスクがあると思うのです。地上の車は故障したら止まるだけで

すが,空飛ぶ..は止まれば落ちますからね。

 

 ヘリコプターですら未だに乗りたいと思わないのに,自分でも乗りたいと

は思わないですね。果たして,車を飛べるようにする必要ってあるんでしょ

うか?(古い昭和脳の発想かもしれませんが)

 

 いずれにしても,航空法などの整理でルール化が必要とは言われています

ね。

 

 新報国製鉄については,今回の急騰から引き続き上昇局面に展開していく

のか,2月上旬の本決算発表とあわせ注視していきたいところです。

 

(関連の過去記事)

 

yyf3470.hatenablog.com