週末リポート(VOL.11)

 


メニュー

 

1.今週の日経平均株価終値22,306円(前週末終値比-0.9%)

 前回から日経,NYダウの値動きは以下のとおり。

 6/26          ダウ△730ドル(米一部州で飲食店の営業規制再び)

 6/29   日経△517円  ダウ+580ドル(米,好調な住宅指標)

 6/30   日経+293円  ダウ+217ドル(パウエルFRB議長,景気回復政策継続の考え)

 7/1     日経△166円  ダウ  △77ドル(東京の新規感染者数増加一途)

 7/2     日経  +24円  ダウ  +92ドル(ハイテク株比率高いナスダック連日高値更新)

 7/3     日経+160円(東京の新規感染者数の伸び警戒も株価は持ち直す)

                   ドル円 3日19時10分1ドル107円48銭 

2.保有銘柄の終値及び投資指標等

f:id:yyf3470:20200703202229p:plain


その他銘柄
 東武住販(3297)      842円(-5.0%)

 アクシーズ(1381)  2714円(-6.0%)

 ホクト(1379)  1980円(-2.1%)

 ニッカトー(5367)      690円(-3.6%)

 ワコム(6727)    533円(-6.6%)

 C.V.Sベイ(2687)      475円(-6.9%)

 JHR(8985)   43200円(-10.9%)

 GOR(8958)   99300円(-4.0%)

 

会社四季報(2020年3集 夏号)を読む (5542 新報国製鉄) 

記載の概要

【特色】鋳鋼品中堅メーカー。半導体や液晶製造装置向け。低熱膨張合金が収益柱
【下振れ】主力の低熱膨張合金3割減。半導体装置も新型コロナで下期回復不透明

     など
【財 務】前期に借入金を長期に一本化。焼却炉向け耐塩素合金を2社評価中。損害賠償(1億円)提訴のJR東海と対決姿勢。など

 

20年12月期業績は,会社予想( )を大きく下回ると予想

 売上高4200百万円(4800百万円) 経常利益200百万円(500百万円)

 1株益41.9円(104.7円)1株配30円(同)

 

 元々大きな含み損をかかえてしまっていたところ,まさに泣き面に蜂状態。この四季報予想が影響してか,このところ株価も低下中。目先また,500円をうかがう局面もあると予想する。財務はいいし,局面が好転するのを待つしかないが,相当な時間がかかりそうだ。空飛ぶ自動車実現に夢をはせて,しばらく眠るか。 

 

会社四季報 2020年 3集 夏号

会社四季報 2020年 3集 夏号

 

 

3.珈琲*ブレイク(迷うがまま)

 

 私(yyf)は,現状で日本の個別株(REIT含む)を13種類,基本持ったままという運用方針を続けているのですが,3月にコロナ株安で予定外に株を買いすぎたこともあって,とりあえず6月までは買いを休む方針としていました。

 

f:id:yyf3470:20200510072913p:plain

 結局,これまでは,方針どおり株を買うことなく,売りもしなかった。

 予想外に株価が好調だったことで冷静でいられた(株価が異常に下げるとまた買いたくなる)。

 

 ただ,今世界の武漢ウイルス感染は勢いは衰えないにもかかわらず,不思議な株高が続いているようにも見え,先行きはとても不透明だ。今後また大きな株安がおそってくる可能性が否定できない。

 

 今年はNISA枠を使い切っているため,「少なくとも年内は追加投資しない」という,一応の方針ではあるが,保有銘柄が想像以上の安値になった場合にがまんができるか。

 

 がまんして,しばらくは買付余力の回復に努めたいが,先はどうなるかわからない。

 

 

 

6月末の運用状況,主要銘柄の目標株価など設定しております。↓

 

 

yyf3470.hatenablog.com

 

 

とりとめもない話になってしまいました。今後も時々でもご覧いただけたら幸いです。