yyf流 ETF投資(仮) 構成銘柄

 おつかれす。

 前回は,今後のETF投資方針案を書いてみたところでした。

 

 

 おさらい

 

1 対象とするETF

 NEXT FUNDS TOPIX Core 30 連動型上場投信

 NF・TOPIX Core 30 ETF(愛称)

 証券コード 1311

 

(関連過去記事)

yyf3470.hatenablog.com

 

2 目的

 ・インフレ(株高)保険

 ・感情を抑制して投資を持続できるかの実践

 ・一定期間経過後の個別株投資への応用

 

3 買付ルール

 ・原則月3万円を上限に買付

  残余分は翌月以降に繰り越して,3万の上限に上乗せできる。

 ・トータルで360万円で約10年かけて買付

 ・買付する際の株価は1500円を上限とする。

 ・月における買付のタイミングは任意でよい。

 

4 積み立て開始時期

 2022年7月 

 

 今回は対象とするETFNF・TOPIX Core 30 ETF)の構成銘柄

 ただ列挙するだけなんですがね。各社のHPにリンクさせます。

 

 ①トヨタ自動車(7203)

 ②ソニーグループ(6758)

 ③キーエンス(6861)

 ④三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)

 ⑤日本電信電話(9432)

 ⑥リクルートホールディングス(6098)

 ⑦東京エレクトロン(8035)

 ⑧任天堂(7974)

 ⑨KDDI(9433)

 ⑩ソフトバンクグループ(9984)

 ⑪三菱商事(8058)

 ⑫武田薬品工業(4502)

 ⑬信越化学工業(4063)

 ⑭日立製作所(6501)

 ⑮本田技研工業(7267)

 ⑯三井住友フィナンシャルグループ(8316)

 ⑰伊藤忠商事(8001)

 ⑱HOYA(7741)

 ⑲第一三共(4568)

 ⑳ダイキン工業(6367)

 ㉑三井物産(8031)

 ㉒村田製作所(6981)

 ㉓東京海上ホールディングス(8766)

 ㉔セブン&アイ・ホールディングス(3382)

 ㉕日本電算(6594)

 ㉖みずほフィナンシャルグループ(8411)

 ㉗SMC(6273)

 ㉘ファナック(6954)

 ㉙アステラス製薬(4503)

 ㉚花王(4452)

 

 ふうーっ。

 どうです,いずれおとらぬ我が国を代表する会社群でしょう?

 中には不安な会社や嫌いな会社もありますが,今さら言いますまい。

 ともかくこれらが発展しないと我が国の未来は暗い(と思う)。

 

 これらの会社を傘下(PF)に入れて,これからも

 ヤマユウファンドは日の丸応援ファンドとして,

(高値掴みのにおいもしますが(汗),まあそこはドルコスでなんとか)

 

www.youtube.com

 応援します♪

 

 では,また。

yyf流 ETF投資(仮)

 おつかれす。

 前のエントリーでETF投資の自己流積み立てやるかもとしてましたが...

 

 

 その方針がまとまりつつありますので,以下に記しておきます。

 

1 対象とするETF

 NEXT FUNDS TOPIX Core 30 連動型上場投信

 NF・TOPIX Core 30 ETF(愛称)

 証券コード 1311

 

 これはもう前から持ってる銘柄です。10口だけでしたけどね。

 以前記事にもしました。

 

yyf3470.hatenablog.com

 

 巷では,バンガードだの,アメリカ株さえ買っとけばと言われている

 のはわかってますが,まあここはあえてなじみのETFです。

 日本人なんだから,日本の主要企業がよくなっているという未来を願い

 たいじゃないですか。

 (政府も財界もクソなんですけどね。官界はもっと。)

 

2 目的

 ・インフレ(株高)保険

 ・感情を抑制して投資を持続できるかの実践

 ・一定期間経過後の個別株投資への応用

 

 一時期損となったっていいんです。いつかトントンに持って行ければ

 御の字(なんせ保険なんですから。)

 

3 買付ルール

 ・原則月3万円を上限に買付

  残余分は翌月以降に繰り越して,3万の上限に上乗せできる。

 ・トータルで360万円で約10年かけて買付

 ・買付する際の株価は1500円を上限とする。

 ・月における買付のタイミングは任意でよい。

 

 これ基本はドルコストですよね?

 アンダーラインの部分は独自ルール(さじ加減)

 これだけ暴落,暴落といってる世の中。

 有利な買い場は半永久的に出現すると予測 

 それをうまくとらえられるか。そこら辺がゲーム要素

 

4 積み立て開始時期

 2022年7月

 

 少し間をとったのは冷却期間

 冷静になって,やっぱやめようかな,となったら撤回です。

 次回は,このNF・TOPIX Core 30 ETFについて,構成銘柄などメモしてみます。

 (これ,愛称になってるか?)

 

 では,また。

サスティナブル(?)な投資

 久しぶりのニューエントリーになります。

 ハイタイ! 貴重な読者の皆様お元気でしたか。(なぜ,沖縄?)

 

 

 ちむどんどんしてますか?

 最近,NHKの朝ドラ「ちむどんどん」にはまるってほどでもありませんが,

予約してみてます。

 このドラマ沖縄が舞台ということで,どうしても比較してしまうのが,20

年程前にあった「ちゅらさん」なのですが,やっぱり比較してはかわいそう

ですね。できが全然違うと思います。「ちゅらさん」はやばいです。この前

総集編があったので,見るつもりはなかったのですが,つけちゃうとつかま

ってしまいますからね。(テレビとなると話が長くなる昭和脳50歳)

 

 さて,本ブログは「ヤマユウファンド」(自分で選んだ日本株への投資体

をしゃれでそう呼んでいるもの)の株価など記録してきたのですが,

ひとつ前のエントリの頃から,基本銘柄構成を固めて買い増しせず,何もし

ないで持ち続ける方針で眠っていた...

かったのですが,米国中心にアゲアゲ相場も一服...

どころか最近ではリセッション,スタグフもなんてささやかれるところ。

yyf(ヤマユウファンド)も既存株の気になるところ,あそこもここもと買い

増ししてきてしまいました。(←全然眠ってない)

 

 ただ,もういいかげん個別株の買い増しはおなかいっぱい。ということで

本当に今の現有株で持ったまま投資で勝負します。

(でも新NISAが始まればなあ...って,おい!)。

 

 それでも,何か株式相場に興味を持って関わっていたいなということで,

(モーサテも毎日みたいし) 

 近いうちにインデックスETFの自己流積み立てやろうかなと考えてるとこ

ろです。配当金の範囲くらいでですね。

 

 久々なのでこの辺で。

 良い日々をお過ごしください。

 

 

 

 

 

ファンドの目的・投資先など

 

 間違ってこのブログを訪れた方。上の日付を見て,しばらく更新してないな。

 死んでるサイトか? など思ったかも知れません。半分当たってます。

 が,時点更新しながら細々と生きてるのかもしれません。

 

 とりあえず,ファンドの目的や投資先など記しておきます。

 

Ⅰ ファンドの目的

 ファンドとはいっても,規模は小さく,なんちゃってです。私(ブログ主)

が運営する,主に国内株式への長期投資を基本方針とし,かつ私の家計を豊か

にすることを目的とした運用主体ですが,遊びでこう呼んでます。

 独断と偏見で選んだ銘柄が長期的に成長するということを盲信して,2021年

8月5日で一旦投資先,数量を確定させ,以後は原則追加投資なしで,一応の目

標を60歳(2031年)までに,評価総額1億円として経過をフォローしてい

きます。(NISA移行調整のため,一時的に追加投資することはあります)

気が向いた時に経過をフォローするかも知れません。

※2022年1,2月で激しく追加購入しちゃいましたので,消しときます。

※株価が上がった,下がったと一喜一憂するのは百害あって一利なし。四半期

の経過フォローをやーめたっと。

Ⅱ ファンドの投資先

 投資先企業は日本株を中心に全14銘柄。

 主力のCORE7とそれ以外のOthers7に分類しています。

 

1 CORE7 

  ①(株)SHOEI PREMIUM HELMETS JAPAN

 

yyf3470.hatenablog.com

 

  ②新報国マテリアル(株) 低熱膨張合金のトップメーカー

 

yyf3470.hatenablog.com

 

  ③明豊ファシリティワークス(株) 独立系CM会社唯一の上場企業

 

yyf3470.hatenablog.com

 

  ➃(株)ホクリョウ うそのないたまご作り

 

yyf3470.hatenablog.com

 

  ⑤(株)東武住販 エコモデル創造業

 

yyf3470.hatenablog.com

 

  ⑥(株)アクシーズ 鶏肉製造の「完全なるインテグレーション(一貫生産)」

 

yyf3470.hatenablog.com

 

  ⑦(株)アイ・アールジャパンホールディングス 「Power of Equity」

 

yyf3470.hatenablog.com

 

 

2 Others7

  ⑧ホクト(株)(1379)

  ⑨(株)ニッカトー(5367)

  ⑩ワコム(6727)

  ⑪(株)シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687)

  ⑫ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)

  ⑬グローバル・ワン不動産投資法人 (8958)

  ⑭(NEXT FUNDS)TOPIX Core30連動型上場投信(1311)

 

 

 一応60歳までに時価総額1億円達成を目標にし、これからも以下のページで

四半期ごとにフォローしていくつもりです。

 ただ,株価は水物。これに惑わされず,投資先の事業が持続的に発展していく

ことが何より大切だという考えです。ています。

 2022年2月から,株価ではなく純資産(BPS)等の推移をフォローする

別ブログ開始。銘柄によって株価と全く乖離した数値の世界で,面白い。 

 

retireshitaiya.hatenablog.jp

 

 

f:id:yyf3470:20201230094444j:plain

Take it easy!あとは風頼み

まあ,いつの日か億り人になるようなことがあったら,報告します(多分)。

【CORE7銘柄ノート⑦】株式会社アイ・アールジャパンホールディングス

f:id:yyf3470:20210731172935p:plain

1 会社概要

・社名 株式会社アイ・アールジャパンホールディングス

・設立年月日 2015年2月

・代表者 代表取締役社長 寺下 史郎

・本社所在地 東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング26階

・事業内容(グループ企業) 

  株主・投資家等のマーケットに関する情報提供・戦略立案・実行支援を専門

  としたコンサルティング会社

  支配権争奪ならびに企業再編・事業再編等のM&Aに特化した専門的なFA業務

 

f:id:yyf3470:20220105062551p:plain





2 yyfにおける保有経緯等

  2018年当初から、新たな投資先を求めていくつか候補を探した。抜き出す基準

は,1)ROEが予想も含め,15%以上であること。2)一定の安全経営であること。3)事業が理解できるものであること。4)強い競争優位性を持っていること、と

した。選定された中から、実際に購入してきたのがIRJ、新報国、明豊ファシ

リティ、東武住販、アクシーズ(第四世代と分類している)である。

 手始めにと当時の2単元株(現在の400株)を取得したまま、株価はどんどん上

昇していき、yyfで初となるテンバガーも達成。追加取得するタイミングをとれ

なかった。事業環境は今後も良好と見込まれるので、どこまで成長するか見届ける

のみ。 

 

 

3 業績推移

      売上高   経常   1株益  1株配  利益剰余 百万円(円)

・2015.3    3,209     551          39      12        1,274

・2016.3    3,469        779          48        28      1,515

・2017.3    3,836   1,008       78     40         1,909

・2018.3    4,133   1,157       92     60      2,286

株式分割 1→2)

・2019.3    4,827   1,447       54     38      2,684

 

      売上高   経常   1株益  1株配  利益剰余 百万円(円)

・2020.3    7,682    3,611    137   70        4,274

・2021.3    8,284    4,070    158      85          5,656

・2022.3    8,402    3,447    137       113          6,404

・2023.3        -           -          -         113 (今期予想)

 

 

 4 リンク

 

www.irjapan.jp



【CORE7銘柄ノート⑥】株式会社アクシーズ

f:id:yyf3470:20210730085638p:plain



1 会社概要

・社名 株式会社アクシーズ

・設立年月日 1962年11月13日

・代表者 代表取締役社長 伊地知 高正

・本社所在地 鹿児島県鹿児島市草牟田2丁目1番8号

・事業内容 鶏肉及びその加工食品の製造販売

2 yyfにおける保有経緯等

  2018年当初から、新たな投資先を求めていくつか候補を探した。抜き出す基準

は,1)ROEが予想も含め,15%以上であること。2)一定の安全経営であること。3)事業が理解できるものであること。4)強い競争優位性を持っていること、と

した。選定された中から、実際に購入してきたのがIRJ、新報国、明豊ファシ

リティ、東武住販、アクシーズ(第四世代と分類している)である。

 元々、地元の有望企業として注目していた。株主総会出席や工場見学などしてい

きたい。

 

3 業績推移

      売上高   経常   1株益  1株配  利益剰余 百万円(円)

・2015.6   17,664   1,934      194       25       6,768

・2016.6   18,378      2,388      218         35     7,851

・2017.6   18,802    3,058   349      45        9,614

・2018.6   19,369    3,086   380    75    11,493

・2019.6   19,586    2,560   322       80    12,880

 

      売上高   経常   1株益  1株配  利益剰余 百万円(円)

・2020.6   19,770    2,826    352    80      14,404

・2021.6   21,160    3,508    430       90         16,399

・2022.6   20,450    2,900    365       95 (今期予想)

 

 

 

 4 リンク

 

http://www.axyz-grp.co.jp/



【CORE7銘柄ノート⑤】株式会社東武住販

f:id:yyf3470:20210730082201p:plain

 

1 会社概要

・社名 株式会社東武住販

・設立年月日 1984年9月 

・代表者 代表取締役社長 荻野 利浩

・本社所在地 山口県下関市岬之町11番46号

・事業内容 山口県及び福岡県、佐賀県熊本県大分県広島県における、不動

     産の売買、賃貸、その他不動産に関連する事業。特に、リフォームを施

     した戸建住宅の中古不動産を安価に提供

 

f:id:yyf3470:20220104061327p:plain

      

2 yyfにおける保有経緯等

  2018年当初から、新たな投資先を求めていくつか候補を探した。抜き出す基準

は,1)ROEが予想も含め,15%以上であること。2)一定の安全経営であること。3)事業が理解できるものであること。4)強い競争優位性を持っていること、と

した。選定された中から、実際に購入してきたのがIRJ、新報国、明豊ファシ

リティ、東武住販、アクシーズ(第四世代と分類している)である。

 購入後、含み損となる時期が長いが、日本の住宅市場においては、今後も中古

住宅のシェア拡大が続くとみて、成長に期待する。

 

3 業績推移

      売上高   経常   1株益  1株配  利益剰余 百万円(円)

・2019.5    7,128     589     152.1     30        2,405

・2020.5    6,850     407     102        30     2,600

・2021.5    7,754     572     145.9     31        2,912

・2022.5    7,560     520     130   31 (今期予想)

 

 4 リンク

www.toubu.co.jp